岡田法律事務所 キャッシング

キャッシングでの債務が夫にバレそうでビクビクしているあなたへ

 

安心なさい、大丈夫ですよ。

 

安心して下さい。過度の債務督促を費用ゼロで止めることができるのです。

 

しかし、専門家に相談する前に、自分の債務内容を確認して下さい。

 

実名や電話番号、住所などを記入する必要はありません。匿名でも大丈夫です。

 

返済のシュミレーション資料を返送するメールアドレスだけを入力して下さい。

 

それから落ち着いて専門家の無料相談を受けて下さい

 

まず、自分の債務な内容を知ることが大切なのです

 

催促されるままに払っているといつの間に過払いに陥っています。
催促されるままに払い続ける必要はないのです。

 

まず、あなたの債務内容がどうなっているか充分に調べましょう。

 

 

 

一人で悩んでいても何も解決しません。すぐに専門家に相談しましょう。

 

過払いになっていませんか

 

だけど過払い金て何なのでしょう。過払い金というのは、“利息制限法で定められた利息を超える金利で借り入れの契約を した借主が、借入金の返済が終わっているにも関わらず返済を 続けることによる払い過ぎたお金”なのだそうです。過払い金の発生は、返済期間が長くなればなるほどに過払い金が発生する可能性があるのだそうだ。

 

過払い金はキャッシングでも生じます

 

誰も必要以上に返したくはないし、全額返済したら当然払い込まない。過払い金って、悪質な消費者金融が全額返済したことを知らせないために起こるのかと思ったら、クレジットカードでのキャッシングを利用していても発生するのだそうだ。2012年時点で、国内で500万人ものキャッシングを利用した人が、完済したことに気付かずに、返済する必要がないのに払い続 けているのだそうです。500万人、、、凄い人数です。

 

過払いには「利息制限法」と「出資法」とが関係しているのです

 

利息制限法においては、利子は元本によって15〜20%の上限が決められているのだが、出資法とでは利子の上限が29.2%と利息制限法での規制値と異なり、その差が過払い金というとんでもない事を起こしてしまっているのだそうだ。貸金業者側は出資法を超える金利で融資を行えば刑事罰の対象になるのが、民事上は無効な金利であっても刑事罰の対象とはならないので、ほとんどの金融業者は利息制限法を超える年利20〜29.2%で貸し付けをしているので過払いになってしまうらしい。

 

払いすぎたお金は取り戻せるのです

 

債務者つまり借主が消費者金融などから利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に引直計算をしたことで算出される支払う義務のないお金、つまり過払い金の返還請求をすることができるのだそうだ。これが過払い金発生の内容なのだが、素人にはやや難しく、とても素人では自分が過払いしているか、どのくらい過払いしたかはとても計算することは困難です

 

 

過払い金とは
過払い金とは、利息制限法で定められた利息を超える金利で借り入れの契約を している借主が、借入金の返済はじつは既に終わっているにも関わらず返済を 続けたために発生する「払い過ぎたお金」のことを言います。
特にその返済期間が長期間になればなるほどに多額の過払い金が発生している可能性があります。

 

過払い金発生の仕組み
利息制限法では借り入れ元金に応じて年利15〜20%が上限と定められていています。
たしいて出資法という法律では年利29.2%が上限とされていました。
貸金業者側は、当然この出資法を超える金利で融資を行った場合には刑事罰の対象になりますが、民事上無効な金利であっても刑事罰の対象とならないということで、利息制限法を超える年利20〜29.2%で貸し付けをしている金融業者がほとんどでした。
債務者が消費者金融等の貸金業者から利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に引直計算をした結果算出される本来であれば支払う義務のないお金は返還請求をすることが出来ます。これが過払い金発生のしくみです。

 

 

過払い金の請求には期限があります

 

過払い金の返還を請求できる権利、言い換えれば「不当利得返還請求権」というのですが、それには期限があります。

 

この権利は、取引終了から10年後に失効するのです。(最高裁昭和55年1月24日判決)。

 

取引終了とは完済したということですから、完済した場合でも10年が経過していない限りは、返還の請求ができるということです。

 

「完済したけど、以前に消費者金融やカード会社から借金をしたことがある、、」という人も必ず調べてみてください。

 

もちろん、10年以上も借り入れと返済を継続されている方は、新しい借入金は昔の過払い金の弁済のためと認識されますので、消費者金融との取引が続いている限り、過払い金返還請求の権利は消滅しません。

 

キャッシング利用者は1400万人以上もいると言われています。過去にお金を借りられたことがある人も多いはずです。

 

今からでも過払い金返還請求ができるのか、どのくらい戻ってくるのか、、、相談だけでもすることをお勧めします。

 

 

過払い金の返還は早ければ早いほど取り返せる額が多いのです。

 

 

 

専門家に相談すれば家族にバレずに返せますか?

 

勿論、家族や会社などに知られずに内密に処理することが出来ます

 

そして、、

 

長期間の借り入れがある

 

  長期に渡る借入れがある場合、その金額が減る可能性が高くなります。

 

厳しい取り立てに参っている

 

  認定司法書士は依頼を受けることで債権者に「受任通知」を送り、債権者の過度な取立てや催促をストップできます。

 

生活が不安定で毎日が辛い

 

  数々の問題に対処してきた専門家が最適な解決方法を提案しますので、身体的にも精神的にも負担が減ります

 

過払い金を取り戻せます

 

  18%を超える金利で5年以上返済を続けている場合、過払い金が戻ってくる可能性があります

 

 

独りで思い悩んでいても返済額は減りません

 

 

 

相談したいけど、誰に相談したら良いか分からない

 

しかし、借金の悩みなんて誰に相談したら良いか分からない

 

家族や職場に借金が分かってしまったら困る

 

知っている法律事務所なんてないし行きにくい、、

 

 

岡田法律事務所ではこれまでに数多くの債務相談を受けてきました。一言で "借金問題" と言っても、お悩みは本当に千差万別です。
岡田法律事務所では、弁護士があなたのお悩みをじっくりお聞きした上で最適な解決方法を提案致します。プライバシーの厳守は徹底しておりますので、安心してご相談下さい。債務状況やお悩みを詳しくお話し頂くことで、よりスピーディーな解決が可能となります。弁護士をはじめ所員一同 "利用しやすい" 法律事務所をめざして取り組んでおりますので、まずは一度当事務所にご連絡下さい。債務整理などの借金相談は、面談、電話、メールなどで承っております。

 

とにかく、自分の債務内容をきちんと把握し、できるだけ早く専門家に相談すべきです。

無料相談では費用はかかりません。無料相談では解決する方法を教えてくれます。

 

 

また、債務処理には多少の費用がかかりますが、それらは全て解決してからの支払いです。

そして、多くの場合には新たな支払いは発生せず、過払い金の返還金の一部でまかなえる事が多いのです。

 

 

相談に来られて債務整理に成功された例

 

本当かな、、、と思っておられる方に、債務整理に成功した例をお示しします。

 

ちょっとあなたの場合と似ていませんか?

 

 

41歳の女性 パート収入で手取り月収約8万円

 

消費者金融など5社から217万円を借り入れ

 

この女性はもともと専業主婦で、夫の給与だけで家計をやり繰りしていましたが、子供の教育費や生活費の不足分を消費者金融やクレジット会社から借入れしてしまいました。

 

返済が困難になったためパートで働き始めましたが、毎月の返済金額がパート収入を上回り、夫に内緒での返済は無理になったとのことで相談に来られました。

 

調査の結果、債務総額は217万円から51万円に減額することができました。
月々払っていた返済額も10万円から2万円になり、返済期間は2年2ヵ月へ短縮。

 

これでパートの収入で充分返済できる目処が付き、夫にも知られることなく処理できたと喜んでおられました。

 

 

次は男性の例です。

 

66歳の男性 年金生活で無収入

 

消費者金融・5社から、500万円の借り入れ

 

年金で生活されていますが、会社勤めをされていた間に、ギャンブルや遊行費として消費者金融5社から長年にわたって借り入れ返済を返していました。

 

借入総額は500万円にも上ってしまいましたが、退職金で残りの債務を一括返済されました。

 

新聞や雑誌で過払い金のことを知って、自分も相当するのでは、、と相談に来られました。

 

この男性はグレーゾーン金利を長期に払い続けていので、結果として409万円もの過払い金返還に成功しました。

 

 

 

あなたは何をすべきか、、、、

 

      上の例を読まれて良くお分かりになったと思います。
 
      相談は無料で匿名でも良いのです。
 
      まずは自分の債務内容を調べましょう。
 
      無料で過度な債務請求や債務の返済をストップできるのです!
 
      早ければ早いほど良いのです。

 

 

 

“借金解決診断シュミレーター”サービスについて

このサービスは岡田法律事務所や吉田法律事務所など、複数の法律事務所のローテーションシステムによって維持されています。

ローテーションシステムとは:複数の事務所が連携し、手に空きのある事務所が案件を担当するシステムです。

なぜ、ローテーションシステムなのか:最近、債務整理や過払いの相談案件が非常に多くなっています。単独の法律事務所が多くの案件を抱え込んでしまうことによってお客さんの案件の処理が遅滞してしまうことを避けるためなのです。

ローテーションシステムの利点:複数の法律事務所が連携することにより、手の空いた事務所が臨機応変に対応することによってお客さんの案件を遅滞することなく処理できるのです。